横浜 綱島にあったドイツパン名店が春日部へ!ドイツ国家認定マイスターの実力

パン好きな私にとって嬉しい出来事がありました。
横浜 綱島にあった名店が、埼玉県春日部市の隣町、宮代という地に移転して来ました。
都心近辺から、落ち着いたローカルな街への出店。
ドイツ国家認定、製パンマイスターの資格を持つ店長さんが、お店を再オープンさせました。


ドイツパンのお店「アムフルス」さん。
店長さんは、約8年間ドイツパンの伝統製法を学んだという経歴の持ち主です。
伝統的な製法で手間と時間を惜しまずかけて焼き上げたドイツパンを提供しています。

原料となるライ麦はオーガニックのものを使用していると聞きました。
ライ麦は粒の状態のものを毎日挽き、挽きたて自家製粉だそうです。
挽きたてのライ麦だから美味しさが違うでしょうね!

個人的にドイツパンが大好きでして、近くで本格的なパンを食べられるというのは本当に嬉しい事です。


お店には、ドイツパン以外にも、フランスパンなどのハード系も置いてあります。
日本の方の多くが馴染みのある、あんぱんや豆パンなども並んでいますね。
店長さん曰く、ドイツパンだけでなく、上記のようなパンもお客様に提供したかったのだそうです。

その中で、ドイツパンの美味しさも知ってもらえたら、嬉しいとおっしゃっていました。

ハード系の生地に包まれ、贅沢な中身のロールパンもあり。。


ドイツの朝食にてよく食べられる、ゼンメルもあります!
ライ麦ではなく、こちらは白い粉をつかった小型のドイツパンです。
私は、まずこちらを購入しました!


外はカリカリです!
中は、ふんわりしつつ、引きもある生地!
噛みしめるほどに、小麦の味わいは引き立ちます!
ほんのり甘いのも、いいですね。


本格ドイツパンも、もちろん購入しました。
こちらは、「ロッゲン」
ライ麦100%で作られている、一番特徴的でシンプルなドイツパンです。
シンプルな原材料だからこそ、素材の良しあしをダイレクトに感じますよね。


その中でも、アムフルスさん逸品は、多くの日本人が持つドイツパンのイメージを覆します!
「硬くて、酸っぱい。。。」という、よく聞く味ではありません!
オーガニックで作られたドイツパンは美味しい!
程よい酸味がありつつ、さわやかさがあります!
香りも穏やか!
ついついちぎって食べてしまう美味しさです!

まずは何もつけずに、そのまま食べてほしいパンです。
いままで、食べてきたドイツパンとの違いに驚きました。
他では体感できないアムフルスさん、マイスターの魅力を感じました。

お店には、イートインもあり、購入したものをすぐ食べることもできます。^^
パンを製造している工房も、ガラス張り越しにのぞくことができる楽しみもあります。
ぜひ、春日部、宮代という地でも、評判になってほしいお店でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

ページ上部へ戻る