福島県の絶品ご当地グルメ!食感がたまらない美味しいおかき

東京都内を散策していると「ん??これは珍しいな・・」と思うご当地物がありました。
ご当地グルメは、都心では見受けならない素材を使った物が多いのですが、これは親しみある食品。
その中で変化球を感じる一品です。
何かと言いますと、福島の絶品おかきです。


福島さんちの凍み餅 醤油味  205円
福島にある農家さん、福島農場の商品です。

 

何が変化球なのか?

まず、生地の餅米は白米ではなく、玄米です。
いやいや、玄米とか良く見るじゃん。
と思われるかもしれません。
ですが、こちらの商品には、さらなる付加価値が付いています。

『福島農場産の有畜栽培こがねもち米を玄米のまま杵と臼でつきあげ、がんこに寒中に凍らせ、油でカラッと揚げました。』 (HPページより引用)
餅を寒風に晒して乾燥させているそうなのです。

玄米だと油を吸わずにカラッと揚がるというのもウリかと思いますが、上記したことが私は珍しいと思います。

なぜ、そう思ったか?理由を生地に特徴あり

触ると生地が、かっちかちなのです・・・
ですが、堅焼きせんべいのように、バキッと折らないと食べられないような堅さではありません。
最初はバリッと揚げた硬さがあり、そのあとにホロホロ感!
玄米が生きているのですね。

すごいくせになります。
確かに凍み餅・・・と思える逸品。
寒い土地で餅を乾燥させているからこそかと思います。


醤油の香ばさも良い。
玄米の風味もしっかりしています。
添加物を使用していないので、自然な味わいです。

これは、いままでにない、おかきだな。。
人生で一番といっていいかもしれないです。
この食感をウリにすれば、もっと話題になるのではないかな。。。

他にも、甘口、辛口、みそ、にんにくなどのフレーバーもあります。
したらマルシェで扱いたいご当地ものです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

ページ上部へ戻る