大衆居酒屋で賑わう北千住の隠れ家!地元で人気のトラットリアバール イルポルトローネ

大衆酒場で賑わう街、北千住。
最近は、駅周辺におしゃれな飲食店が増えてきました。
ですが、その中でもこじんまりと営れている人気店があります。
駅から数分歩いた小道にある隠れ家的お店。
地元の方で愛されるトラットリアへ知人と共に行ってきました。


トラットリア バール イル ポルトローネ
駅から徒歩7、8分。
国道4号線方向に行き、手前の道を右に曲がるとお店はあります。

ワイン、料理ともこだわりが垣間見える

このお店の良い点は、まずワイン。
イタリアンらしい品揃えなのですが、良心的な価格かつ珍しい物が置いてあります。


こちらの写真は、グルジアのワイン。
土器で作られているのに、驚かされます(笑)
グルジアは、アルメニアとならび、世界最古ともいわれるワイン生産地であるとも言われております。
また、樽の中で発酵させる一般的な手法とは異なります。
粘土製のかめを地中に埋めて発酵させるのが、大きな特徴なのです。
このワインが置いてあるところはなかなかないですよね?
ワイン好きの中でも付加価値があると思います。


メニューを見てみますと、トラットリアらしいラインナップ。
その中でも、水牛、ポルチーニ、土佐あかうしなどの食材を揃えております。
上質さある料理をというこだわりも感じますね。


ハウスワインがすごくリーズナブルです(笑)
ワインにそこまで詳しくない方向けに、味も書いてあるは素晴らしいですね。


私は、貼り紙よりホットワインをいただきました。
寒かったので、ホッとする一杯。
飲みやすくアルコールもしっかり感じさせてくれます。

手作りを感じる料理の数々

■ポテトサラダ ポルトローネ風 400円
まず、見栄えに驚き。。
握り拳一個分ぐらいの大きさがあります。
定番で出されるポテトサラダを握れば、これくらいになるのかもしれませんが、見せ方の工夫が良いですね。
味も、ハーブかフェンネルかを入れており特徴ある香りがします。市販の油っぽいマヨネーズ感もないので、しつこくなく食べられます。

■トリッパ 600円

ポーションが少な目でありますが、上品でワインと合う味わい。シコシコ感もクセになりますね。落ち着いた味で美味しいな~と感じる一品。これも手作りなのだろうな。と思う調理でした。

■マルゲリータ

知人のリクエストで。私は食べないまま無くなっていました(笑)

料理1つ1つに手作り感と丁寧さを感じました。個人的にはサバのローストがオススメかな。(このお店には何度か来ており気に入った一品) 少量でありますが、ワイン一杯は飲めるぐらい味わい深い料理です。

始めて来たときより、値段が上がってましたね。ポーションも少な目になった気がしました。ですが、ここ何年かで食材の高騰が進んでいるから仕方ないのかな。

ですが、どの料理にもハズレがなく味は間違えないので、お気に入りのお店です!席は10席弱しかなく、入るのにギリギリだった時があります。地元の方に人気のお店なので、気になった方は予約をオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

ページ上部へ戻る