長崎県で有名な食べ物というと何を思い出しますか?
ちゃんぽん?皿うどん?少し前に流行って佐世保バーガー??
いろいろありますが、やはり全国的にも人気なのはカステラ。
ポルトガルの南蛮菓子を元にした和菓子です。
「かすれいら」としてポルトガルから輸入されたとい言われていますが、
実は、長崎にある「老舗和菓子屋が独自に開発した物。」という説もあるのはご存知でしょうか?

余談ではありましたが、そのカステラから派生されたご当地御菓子があります。
長崎県内にある壱岐・対馬地方で代々伝わるお土産品としても販売されている一品です。

長崎の名物カステラを活かした和菓子


加寿まき
加寿まきとは、カステラ生地で餡を巻いた和菓子。
カステラ巻とも呼ばれます。
長崎県の名物カステラをうまく活かした商品なのですね。
元々は、かす巻きという書き方が元祖と言われております。
縁起の良い字に変えた、こちらの御菓子屋さんのオリジナル商品なのですね。


製造しているのは、土肥製菓さんです。
加寿まきを作るのにあたり、昔からある和菓子屋さんらしい原材料を使っています。
横文字がないのは、シンプルで素晴らしいですね。
餅入りという点で、かす巻きを一捻り加えた違いを見せております。
餡と餅の組み合わせは間違えないですよね。

独自のカステラ生地


餡もぎっしり入っています。
筒状であり太巻きのような形をしています。
生地の見た目は、カステラというよりどら焼きですね。


食べてみますと、やはりどら焼きに近い食感です!
カステラのようにフワッとしているというよりかは、しっとりしています。
スポンジ感はなく、なめらかさも感じますね。
ホームページを見ますと、カステラ生地を独自の製法で~
と記載してあったので、敢えてそのような生地に仕立てているのでしょう。

餡は、ねっとりとした口当たりで甘さも強めです。
昔の味わいだな~と思います。

他のお店のかす巻きも食べてみたいなと思いました。
似た商品で「とら焼き」は食べたことはありましたが、どう違うのか試してみたいところ。

餅が入った加寿まき。
食べごたえと昔ながらを感じる甘さで美味しくいただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

ページ上部へ戻る